小説の名残

前に読んでていた本の感想や
読み終わってすぐの小説の感想などを書いて行きたいと思います。

スポンサーサイト

2012.08.17 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | - | - |

夜の国のクーパー

2012.06.21 Thursday 17:18
評価:
伊坂 幸太郎
東京創元社
¥ 1,680
(2012-05-30)
コメント:聞いたことがあるようで、見たこともあるようででも、どこか伊坂さんらしい作品だったような気がします

JUGEMテーマ:小説全般

主人公は妻を寝とられた男と
とある国の猫

とある国は『鉄国』と呼ばれるところと戦争をしていました。
しかし彼らは戦争に負けてしまい。
鉄国の支配を受けることになる。

だが、彼らの王は問題ないというのだが。

誰を信じ。
誰を信じないのか。

そして、クーパーとは?

謎の杉が白く変化をして、人を追いかけてくるという。

そのクーパーを倒すと人は消えるそうだ。
彼らから出る液体は人を消す効果があるという。

はてして、そのクーパーの正体とは一体。

謎だらけだけど、どこか不思議と読みやすい。
そんな感じでした。

俺はクーパーの話が好きでした。
複眼隊長の話とか好きだったんですけどね。

後はキャラクターが個性的(いつものことだけど)だったのと
猫から人間を観るので、完全に第三者視点で人を観ることが出来た気がします。

複線の拾い方なんかはいつも通り俺は好きでしたが。
最近の傾向通りすべて拾ってはくれません;;
そこはもう読者が勝手に考えるしかないのかな?
って感じでした。

伊坂幸太郎 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

2012.08.17 Friday 17:18
- | - | - | - | - |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://luce-boito.jugem.jp/trackback/41

トラックバック