小説の名残

前に読んでていた本の感想や
読み終わってすぐの小説の感想などを書いて行きたいと思います。

スポンサーサイト

2012.08.17 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | - | - |

ラブオールプレー ラブオールプレー風の生まれる場所

2012.08.09 Thursday 20:09
評価:
小瀬木 麻美
ポプラ社
¥ 651
(2012-03-06)
コメント:この先輩すげーよ。先輩たちすげーよ。

JUGEMテーマ:小説全般

バトミントンを舞台にした小説です。

ラブオールプレーとその続編風の生まれる場所

両方ともつい最近読んだのでまとめて書いちゃいます。


ラブオールプレー

中学生の時に青少年っぽい理由でバトミントンを始める
水嶋亮が主人公です。

ただ、彼の仲間たちが凄く個性的!
とは言えませんが、彼らの個性が凄く素敵ですし。

こういう高校時代ってなかなかないとは思いますが
私は憧れましたし、今でも憧れます。

それぞれがそれぞれの課題にぶつかったり。
それでもチームのために前へ進もうという気持ちが見えたり
本当にただ純粋にバトミントンをしている彼らを小説で追うだけです

でも、ただそれだけなのに気持ちが熱くなります。

この熱さは一体なんなんだろうと思うくらいに
青春の熱さを一緒に体感できるなんて本当に素敵だった。
インターハイを目指し、その優勝を手に出来るかどうか。
それを一緒に体感してあげてください。


ラブオールプレー
風の生まれる場所

前作の主人公の先輩である遊佐賢人の話
彼はカリスマ性の高い選手であると同時に
前作の主人公のライバルであり、仲間でした。

その彼の高校時代の思惑だったり。
卒業後の彼を追うことが出来ます。
前作で出てきた高校時代の仲間たちも結構出てきたり。
ライバルとして現れたりするので。
彼らの成長もうかがえます。

確かに彼はカリスマがあって天才肌ですが。
ただ、それに甘えることのない気持ち。
それとダブルスで一緒にやってきた横川との信頼関係だったり。

私はそういうカリスマ性だったり天才肌のところはないです。
だからこそそういう人の気持ちを少しでも知ることが出来たり。
彼らもただそれに甘えているだけではない。
って思えた。

大学と高校のバトミントンの違いはあるにしても。
仲間たちの絆って簡単に消えないんだ。
と思うと、なんだか青春って素晴らしいな。って感じられる。

また青春を感じたいなと思った時に必ず再読します。 
- | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

2012.08.17 Friday 20:09
- | - | - | - | - |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック